ジャガーキャットフードの詳細や口コミを解説!お試しもできる?

基本情報
解説記事
口コミ・評判
4.5
ジャガーキャットフードの口コミを見る

ジャガーキャットフードの概要

ジャガーキャットフードの基本情報

商品・サービス名 ジャガーキャットフード
提供会社名 エッセンシャルフーズ社
公式サイト https://www.jaguarcatfood.jp/cart

ジャガーキャットフードのコラム

ジャガーの食いつきは良い?口コミの評価は?編集部が徹底解説

ジャガーのキャットフードは、モグニャン・カナガン・シンプリーと同じ株式会社レティシアンが販売しています。この会社が取り扱うキャットフードは、全て無添加・グレインフリーです。

プレミアムフードの人気が高まると同時に知名度は上がっていますが、まだ口コミや食いつきの良さに関する評価が少ないフードです。

しかし、少しでも情報があるのなら、愛猫に合うフードなのか知りたいところですよね。原材料やメリット・デメリットも含め、編集部が徹底解説します。

モニター・お試しキャンペーン情報

1日1,000名様限定で、キャンペーンを開催しています。初めての申し込みに限り、1袋4,280円のところを初回のみ半額の2,140円で購入できます。定期便は電話・問い合わせフォーム・マイページのいずれかで解約を伝えれば、いつでも解約できます。

しかし、1袋(1.5kg)を購入しないとならないため、猫の好みに合わないと消費が難しいというデメリットがあります。まずは主原料を見て、猫が好きな味や匂いがするか確認してから購入する良いでしょう。

生徒
定期便をいつでも解約できるなら、試しやすいですね。
先生
申し込みや解約は、HPで簡単に手続きできます。通販で購入できると、買いに行く手間が省けますね。

ジャガーキャットフードの基本情報

商品画像 項目 詳細
商品名 ジャガーキャットフード
販売価格(総合平均値)

1.5kg 4,280円
(100gあたり285円)

タイプ

ドライタイプの総合栄養食

パッケージ

袋入り

賞味期限 常温未開封で製造日より18ヶ月
原産国 イギリス

ジャガーは愛猫家から注目を集めているイギリスで生産されています。イギリスを含むヨーロッパ各国は動物愛護に関する基準が細かく定められ、ペットフードの栄養基準や品質管理が徹底されているため、安心して与えられます。

無添加・グレインフリーのフードですが、100gあたり285円と良心的な価格設定が魅力です。「手の届く贅沢」を実現したジャガーは、総合栄養食として全年齢の猫に与えることができます。

大きくてもかみ砕きやすいドーナツ型の粒がジャガーの特徴です。

生徒
ヨーロッパ原産のキャットフードなら、品質や原材料の不安がなくて良いですね。
先生
どの国のフードもしっかり基準が設けられていますが、ヨーロッパはとくに厳しいので安心感があります。

ジャガーキャットフードの成分

項目 詳細
原材料名 骨抜きチキン生肉・鴨生肉、乾燥チキン・乾燥鴨肉、生サーモン・生マス、ジャガイモ、卵、サツマイモ、エンドウ豆、チキンレバー、チキンオイル、チキングレイビー、タウリン、DL-メチオニン、アルファルファ、エンドウ豆繊維、サーモンオイル、ミネラル類(アミノ酸水和物亜鉛キレート、アミノ酸水和物鉄キレート、アミノ酸水和物マンガンキレート、アミノ酸水和物第⼆銅キレート、ヨウ化カリウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンC)、クランベリー、アサイー、ブルーベリー、マルベリー、リンゴ、トマト、オレンジ、ナシ、ニンジン、ホウレンソウ、カリフラワー、マリーゴールド、海藻、朝鮮ニンジン、緑茶、ショウガ、プロバイオティクス、L-カルニチン
カロリー 383.5kcal/100g

チキン・鴨肉・サーモン・マスなど肉や魚を多く使用し、動物性たんぱく質が豊富なフードです。タンパク質は体を構成する成分となるため、成長期の猫に欠かせません。猫の健康維持のためにも、高タンパク質なフードは良いとされています。

穀物を一切使用しないグレインフリーなので、穀物アレルギーの猫にも安心して与えられます。グレインフリーにすることで不足する食物繊維は、サツマイモやえんどう豆などで摂取できます。

さらに、スーパーフードや野菜・果物類を配合したことで、バランス良く栄養が摂取できます。

成分の特徴1:主原料に新鮮な生肉を使用

生肉を使用すると、栄養素を壊すことなくフードに配合できます。猫が体内で合成できないビタミンA・B群や、必須アミノ酸を摂取できるのが生肉のメリットです。

猫は必須アミノ酸が11種類もあるので、バランス良く摂取するのが難しいのですが、鶏肉には必須アミノ酸が全て含まれています。さらに、タウリンも多く含まれており、視力・聴覚の維持、心臓の健康維持にも最適です。

また、生肉を使用することで猫本来の食事に近い風味となるため、食いつきにも期待できます。

成分の特徴2:スーパーフードを使用

ジャガーのフードには、アサイー・マルベリー・朝鮮人参が含まれています。どれも栄養価が高いことで知られていますが、朝鮮人参は猫用サプリメントとしても販売されており、免疫力アップが期待できます。

免疫力が上がることで、猫風邪やウイルス性の病気に対抗できる体になります。ワクチンを接種していても、季節の変わり目に猫風邪をひきやすい猫におすすめの食材です。

アサイーとマルベリーには、アントシアニンが豊富に含まれています。アントシアニンは抗酸化作用があり、肥満や高血圧などの生活習慣病の予防に良い成分です。

成分の特徴3:食物繊維が豊富

ジャガーのフードは穀物不使用ですが、サツマイモやえんどう豆から食物繊維を摂取できます。これらの食材は不溶性食物繊維を多く含み、お腹に溜まったガスや有害物質を便と一緒に排出する手助けをします。

カチカチの便のように力まなくても排出できる適度に水分を含んだ便を作るため、便秘予防にも期待できます。水溶性食物繊維も含まれており、悪玉菌を減らして善玉菌を増やす効果もあります。

また、腸内環境が整うことで、グルーミングで飲み込んだ毛も便として一緒に排出されやすくなります。

生徒
人間の美容に良いイメージがあるスーパーフードは、猫の健康維持にも良いんですね。
先生
スーパーフードは栄養価が高いため、健康維持に良い食材です。毛並みの改善にも期待できますよ。

ジャガーキャットフードのメリット・デメリット

 

メリット
  • 徹底した品質管理体制
  • 全年齢対応
  • 食欲を刺激する匂い
デメリット
  • 価格が高い
  • 店頭販売がない
  • 腎臓病の猫には与えられない

厳選した材料を使用し、製造工程でも品質が落ちないよう徹底した管理が行われています。しっかりと検品が行われたフードが手元に届くため、安心して与えられます。全年齢の猫が食べても栄養バランスが崩れない、栄養価の高さもジャガーのメリットです。

しかし、材料や品質にこだわりが強いため、販売価格が高いのがデメリットです。店頭販売がないため、1袋単位で購入するなら、送料も含めて経済的に負担とならないか考える必要があります。

ジャガーキャットフードのメリット

徹底した品質管理体制

ジャガーは徹底した品質管理が行われている工場と証明された、FEDIAF(欧州ペットフード工業連合会)の認定工場で生産されています。

FEDIAFの認定工場となるには、安定して安全なフードを生産できるためのマニュアルと、生産工程をモニタリングできる環境を整える必要があります。さらに、原材料・生産工程における中間製品・完成品のサンプルを採取し、検品が行われていることも条件となります。

安全だと判断されたフードが出荷されているため、ジャガーのフードは安心して与えることができます。 

全年齢対応

ジャガーはタンパク質40%と、キャットフードの中でも高タンパク質なフードです。

タンパク質は、成長期の子猫が体を作るために最も必要な栄養素です。子猫は骨・筋肉・皮膚被毛を発達させるために、成猫の2倍以上のタンパク質を必要とします。成長期を終えても、健康維持をするためにはタンパク質が欠かせません。

成長段階によって必要な栄養バランスが違いますが、ジャガーのように高タンパク質なフードだと、給餌量を調節するだけでフードを変えずに対応できます。

フードを変えると猫の身体に負担となることがあるため、年齢に応じてフードを変える必要がないのはメリットです。

食欲を刺激する匂い

元々小動物を捕食して生活していた猫は、生肉に近いフードを好みます。ドライよりウェットフードを好む猫が多いのは、そのためです。しかし、ウェットフードは歯垢が付きやすく、値段が高いのがデメリットです。

猫が好む味や匂いであり、ウェットフードのデメリットを解消するのに最適なのが、ジャガーのように生肉を配合したフードです。新鮮な食材をすぐに加工しているため、生肉を使用しないフードに比べて匂いが強く、猫が好んで食べやすいのが特徴です。

生徒
生肉を配合すると、栄養価が上がるだけでなく、食欲も刺激するんですね。
先生
猫の食いつきに期待できるフードだと、食欲が落ちやすいシニア猫にも良いですね。

ジャガーキャットフードのデメリット

価格が高い

無添加・グレインフリーのフードとしては、良心的な価格です。しかし、市販されているキャットフードの中では、比較的値段が高いフードです。

穀物を使用したフード=粗悪ということはありませんが、アレルギーの発症リスクを考えるとグレインフリーがベストです。添加物に関しては健康に害がないよう規定が設けられているものの、大量摂取で発がん性が確認されている添加物もあるため、避けたほうが良いです。

経済的に無理のない範囲で選ぶことが一番大切ですが、健康で長生きしてもらうためには病気のリスクが少ない、無添加・グレインフリーのフードを選ぶのがおすすめです。

店頭販売がない

ジャガーのフードは、公式サイトかamazonでの販売のみです。通販だと、少量の注文だと送料がかかるだけでなく、手元に届くまでに日数がかかるのもデメリットです。

ジャガーは、3袋以上まとめないと送料がかかります。多頭飼いならまとめ買いがしやすいですが、1頭だと送料が経済的負担となることも考えられます。

また、定期便ではお届け周期が選べますが、複数のフードを混ぜて与えていたり、頻繁にフードを変更したりする場合は、思っていたより消費が早いこともあります。定期的にストックしている量を確認し、注文を忘れないように注意してください。

腎臓病の猫には与えられない

猫は高齢になると、腎臓の機能が低下することが多いと言われています。腎臓は、血液の中にある老廃物を尿と一緒に排出させる、ろ過装置のような働きをしています。しかし、腎臓の機能が落ちると、タンパク質が分解されたときに発生する老廃物を排出できません。

タンパク質自体は、健康を維持するために欠かせない栄養素です。腎臓に負担をかけずに健康を維持するためには、過剰とならない程度にタンパク質を摂取する必要があります。

ジャガーは過剰となる可能性が高いため、腎臓病の場合には与えないほうが良いでしょう。

生徒
栄養バランスが良くても、猫の体調によっては合わないこともあるんですね。
先生
健康な猫でも、相性が悪いと軟便となったり、嘔吐をしたりすることがあります。相性をしっかり確かめましょう。

ジャガーキャットフードの評価・評判

ジャガーキャットフードの良い評価・評判

ジャガーのフードに変えてから、体調の変化が見られたという声があります。不溶性食物繊維がよく働き、コロコロの便がほどよく水分を含んだ便になったようです。

硬い便に見慣れていると「ただの便秘」と軽く考えてしまいますが、慢性的な便秘は重大な病気に繋がります。フードを見直すだけでも便秘が解消することもあるため、便秘気味なら試してみる価値があります。

肉や魚だけでなく、野菜も豊富に入っているため、コンソメスープのような香りがするようです。口コミ数は少ないものの、食いつきが良いという声は多くあります。

生徒
毛艶が良くなったという声もありますね。健康維持に期待ができるフードのようです。
先生
毛艶は健康のバロメーターです。不足していた栄養を、ジャガーのフードが補ってくれた証拠ですね。

ジャガーキャットフードの悪い評価・評判

生の鶏肉・鴨肉だけでなく、生サーモン・マスも使用しています。コンソメのような良い香りという評価がある一方、匂いが強いと好まない猫もいるようです。また、キャットフードに含まれることが少ない、スーパーフードが入っているのも好みが分かれる理由です。

塩気を感じるのも、生の食材を使用しているからだと考えられます。過剰摂取になるほど塩が多量に含まれているわけではありませんが、腎臓機能に不安がある場合は避けたほうが良いでしょう。

腎臓病は高齢猫に多いので、健康診断やワクチンで病院に行った際に、獣医師に相談すると良いですね。

生徒
食いつきが良いフードと言っても、必ず食べるわけではないということですね。
先生
好みは与えてみないと分かりません。初回限定キャンペーンを利用して、少しでもお得に試しましょう。

ジャガーキャットフードの詳しい扱い方

ジャガーキャットフードの給餌量

ジャガーは、離乳を終えた子猫から与えることができます。生後2ヶ月の子猫の給餌量は1日25~40gで、生後10ヶ月頃に80~120gになるように徐々に増やしてください。

成猫の平均体重である3.5~5kgの猫は、50~55gです。平均体重を目安に体重が軽ければ量を減らし、重ければ増やします。高カロリーなフードではありませんが、ジャガーを与える前から肥満傾向にある猫の場合は、体重に合わせた給餌量より少し減らすと良いでしょう。

1日分の給餌量を2~3回に分けて与え、いつでも水が飲める環境を整えてください。

ジャガーキャットフードの保存方法

キャットフードは酸化すると、味や香りが変わります。酸化して傷んだフードを猫に与えることがないよう、適切に保存しましょう。

ジャガーは1.5kgの袋で販売されています。一度開封すると酸化が進むため、開封後は保存容器に移して密閉してください。ペットフード専用の保存容器でなく、シリアルやお米を保存する容器でも問題ありません。

小分けのパックに1日分や1食分ずつに分けて密閉する方法もあります。一番酸化が防げる方法ですが、手間がかかるのがデメリットです。しかし、頻繁にフードを変更しないと飽きてしまう猫は、小分けパックのほうがフードの廃棄を減らせます。

生徒
小分けパックにしておけば、食事の度に給餌量を計量しなくても良いですね。
先生
直射日光が当たらず、温度変化の少ない場所で保存しましょう。パントリーや床下収納がおすすめです。

ジャガーキャットフードが買えるところ

購入場所 購入可否
公式サイト
通販サイト(Amazon・楽天など)
ペットショップ ×
ドラッグストア ×

ジャガーのフードは、amazonでも購入できます。しかし、公式サイトより値段が高いため、amazonでの購入はおすすめしません。

公式サイトでは定期コースで購入するとお得です。通常価格4,280円のところ、1袋の場合は10%OFFの3,852円で購入できます。最大20%OFFになるだけでなく、3個以上(税抜き10,000円以上)で送料・代引き手数料も無料です。

お届け周期は1週~13週間ごとまで選べます。同じフードでも飽きないタイプの猫であれば、3袋まとめてお得に購入するのも良いですね。

生徒
解約・再開がいつでもできるので、消費量に合わせやすいですね。
先生
解約の手続きは、次のお届け日の7日前までに連絡するだけです。家に届けてもらえると楽で良いですね。

高タンパク質にこだわった栄養価の高いキャットフード

ジャガーは厳選された材料を使用し、動物性たんぱく質を豊富に含んだフードです。さらに、スーパーフードや野菜・果物類も配合し、タンパク質以外の栄養価も高いです。

その分、市販のフードと比べると値段が高いですが、健康維持に期待できます。子猫からシニア猫まで与えられるため、食べ飽きない限りジャガーを与え続けられます。

口コミの評価が高く、品質管理も徹底されていて、安心して与えることができますね。

生徒
食欲が落ちたシニア猫でも、少量で必要な栄養が摂取できて良いですね。
先生
好きな匂いだと、食欲が落ちていても食べることがあります。フードを選ぶときは、猫の食いつきを第一に考えましょう。

ジャガーキャットフードの口コミ・評判

20代女性会社員

好みが分かれるかも

3匹飼っていますが、1匹だけ食べません。 匂いが強いので好みが分かれます。少量だけ味見をしてみると、やや塩気を感じるのも気になります。

20代主婦

毛並みが良くなった気がする!

ジャガーに変えて1ヶ月ほどで毛艶が良くなりました。 コンソメスープのような香りがして、食いつきも良いです。

30代主婦

便が柔らかく快便になってくれました!

以前はコロコロと硬めの便でしたが、ジャガーにしてからは柔らかいです。 軟便ではなく、健康的な柔らかさで良いと思います。

20代主婦

食いつきが本当に良い

袋を開けた途端に駆け寄ってきます。5袋目ですが、毎回飽きずに完食しています。

ジャガーキャットフードの口コミ・評判・体験談を投稿する

関連記事