猫について学ぶ

猫と一緒に散歩がしたい!メリットやデメリットはある?

猫も一緒に散歩ができたら楽しい♪


この記事を要約すると
  • 猫を散歩させる必要はあるのか
  • 猫に散歩をさせるメリットについて
  • 猫に散歩をさせるデメリットについて
  • 猫を散歩させるために必要な準備
  • 猫を散歩させる時の注意点
  • 猫と散歩をした人のエピソード

外を歩いている時に、猫を散歩させている人を見たことがある人もいるのではないでしょうか。猫を飼っている人や、猫をこれから飼おうと思っている人は、猫は散歩させるべきなのか疑問に思っている人も多いでしょう。

そこで、ここでは猫を散歩させる必要、猫を散歩させるメリットとデメリット、猫を散歩させるために必要な準備、猫を散歩させる時の注意点、猫と散歩をした人のエピソードについてご紹介します。

猫に散歩は必要なの?

猫を飼っている人やこれから猫を飼おうと思っている人は、猫を散歩させた方がいいのか疑問に思っている人も多いでしょう。

また、これから室内飼いで猫を飼おうと思っている人は、猫が運動不足になってしまうのではないかと心配になりますよね。

そこで、ここでは猫に散歩が必要なのかについてご紹介します。猫は犬のように散歩をする必要はありませんが、散歩をさせることは可能です。

猫を散歩させる必要はあるのか

以前は猫を外に出した方が良いと言われていましたが、最近では室内にいる方が安全に暮らせるので散歩をしなくても良いと言われています。猫も散歩を嫌がることがあるので、無理に散歩を強要しないようにしましょう。

散歩をさせなくても問題は無い

犬は毎日散歩をさせる必要がありますが、猫の場合は散歩をさせなくても問題はありません。また、猫を散歩させている人を見かけることがありますが、猫を散歩させることについては、賛否両論あるのです。

猫は縄張り意識が強いので、自宅で飼っている場合は自宅が自分の縄張りとなり、落ち着ける場所になります。

野良猫だったり、好奇心旺盛の猫の場合は外に出たいと思うことがあるでしょう。

一度も外に出たことのない猫は無理に連れ出さない方が良い

一度も外に出たことのない猫は、外に出ることは猫自身も望んでいない場合があります。そのため、無理に連れ出してしまうと猫にとってストレスになることがあるでしょう。

猫が外に出たがるのは、外を散歩したいわけではなく、自分の縄張りを確認するためです。そのため、ずっと室内で飼っていた猫を散歩させる時は、猫の様子を注意深く観察して、猫が嫌がっているようならすぐにやめた方が良いでしょう。

アウトドア派の猫の場合は外に出たがることがある

猫の散歩は、運動不足を解消させるための犬の散歩とは目的が異なります。猫は、基本的に縄張り意識は強いので、自分の縄張りから出ることは望んでいません。

しかし、外で育った猫や、好奇心が強い猫の場合は、「外に出して欲しい」とせがむことがあります。アウトドア派の猫の場合は、外に出して自然と触れることでストレス発散になったり、気晴らしになったりすることがあるでしょう。

猫に散歩をさせるメリットとは?

猫が外を見ていたり、外に行きたがっている様子を見ると、散歩に連れて行きたくなりますよね。では、猫を散歩させることにメリットはあるでしょうか。

そこで、ここでは猫を散歩させるメリットについてご紹介します。猫を散歩させることで、猫のストレスを解放できたり、猫にとって運動になったりするメリットがあるでしょう。

猫を散歩させるメリット

猫と一緒に散歩をすることで、飼い主とコミュニケーションをとる時間を作ることができるでしょう。また、災害時など万が一の場合に、外に出ることに慣れておけば猫のストレスが減ります。

猫のストレスを解放できる

好奇心が旺盛な猫の場合は、外の世界に連れ出すことでストレス解消になることがあります。猫は自由に外に出たり、家の中にいたりしたいと思う生き物です。

猫は本来は自由に外で暮らす生き物なので、外に出して虫の鳴き声を聞かせたり、外の空気や風に触れさせたりすることで、猫本来の暮らしに近い環境にしてあげることができるでしょう。

猫の運動になる

ずっと室内で飼っている猫の場合は、運動不足になってしまい肥満体質になっていることもあるでしょう。

その場合は、猫に十分な運動をさせる必要があります。そのような時には、運動不足解消のために散歩をさせるのも良いでしょう。

肥満が進んでしまうと、病気になってしまうこともあるので、猫の健康を保つためにも散歩で運動をさせることもおすすめです。

飼い主とコミュニケーションをとる時間になる

猫を飼っている人は、仕事などで家を空ける時間が長いため、猫とコミュニケーションをとる時間が少ないという人も多いでしょう。

そこで、猫と一緒に散歩をすることで、限られた時間を共有することができ、より親密な関係を築くことができます

猫も飼い主が自分としっかり向き合ってくれていると分かれば、猫も幸福感に満たさせるはずです。

災害時のために慣れておけば緊急時に対応できる

災害時などの緊急時には、猫をどうしても外に出さなくてはいけない状況になることがあるでしょう。猫用のキャリーバッグがあったとしても、急に外の世界に連れ出すことで、猫にストレスがかかってしまうことがあります。

そこで、散歩に慣れておくことで外の世界に対する抵抗感も少なくなり、ストレスが少なくて済むでしょう。

猫に散歩をさせるデメリットとは?

猫と一緒に散歩をしたいと思っていても、猫を散歩させることにデメリットはないのか心配ですよね。そこで、ここでは猫を散歩させることのデメリットについてご紹介します。

猫を散歩させると、猫によっては外に出たくないと思っていることがあるので、猫にとってストレスになる場合があります

また、外でノミやダニをもらってくる可能性もあるでしょう。

猫に散歩をさせるデメリット

猫を散歩させると、猫によってはストレスになったり、車や犬などに動揺したりすることがあります。また、ノミやダニをもらってくる恐れもあるでしょう。

猫によってはストレスになる

猫によっては、散歩をすることでストレス解消になることがあります。しかし、猫によっては散歩が逆にストレスになってしまう場合もあるでしょう。

例えば、気の弱い猫だったり、外の世界に慣れていない猫だったりすると、外に出したときにパニックを起こしてしまうことがあります。

そのため、猫の性格や様子を見極めて、散歩をさせるかさせないか決めましょう。

車や犬などの刺激で動揺することがある

外には、室内にはいない車や犬などが近くを通ることがあります。道路の近くを歩いたら近くを車が通ったり、すれ違った犬に吠えられたりすることがあるでしょう。

猫にとっては、今まで近くで見たことのないものなので、猫からすれば大変な恐怖を感じることがあります

特に犬から強く吠えられたり、襲い掛かられたりした場合は、トラウマになってしまい、外に出られなくなってしまうことがあるでしょう。

ノミやダニをもらってくることがある

猫を外に出して散歩をすると、ノミやダニをもらってくる可能性があります。通常は、人間がノミやダニを持って帰ってしまい、そこから猫に移るというケースが多いですが、猫が外を歩くと直接ノミやダニをもらうことがあるでしょう。

猫にとって、かゆみに襲われることは大きなストレスになってしまうので、猫が痒そうにしている場合は動物病院で診てもらうと良いです。

病気をもらってきてしまうことがある

猫が外を散歩させることで、室内で飼っているときには患うことのない病気にかかってしまうという恐れがあります

また、外を歩くと野良猫から感染症をもらってしまうこともあるでしょう。病気を心配する方は、外で散歩をさせない方が安心です。

もし猫を散歩させた場合は、家に帰ってきてから猫に変わった様子がないか注意して見る必要があります。

脱走してしまう危険性がある

猫を散歩させているときに、脱走してしまう恐れもあります。初めて散歩をする猫にとっては、外に慣れていないのでパニックになってしまったり、焦ってしまったりすることがあるかもしれません。

また、散歩をする時はハーネスをつけて散歩をする必要がありますが、散歩中にハーネスが外れてしまって、逃げてしまう恐れもあります。

猫と散歩するにはどんな準備が必要?

猫と散歩をする時は、さまざまな準備が必要になりますよね。しかし、猫を初めて散歩させる時は、何を準備したらいいのかわからないこともあるでしょう。

そこで、猫と散歩をする際に準備をするものについてご紹介します。猫を散歩させる時は、逃げないようにハーネスを利用したり、何かあった時のためにキャリーバッグを持ち歩いたりすると良いでしょう。

猫と散歩をするための準備

猫と散歩をする時は、猫のためのエチケット用品を準備しておきましょう。また、猫を散歩させる前に予防接種を済ませたり、去勢・避妊を済ませておく必要があります。

ハーネスを利用する

猫と散歩をする時は、リードやハーネスが必要となります。猫の場合は、リードではなくハーネスの方がおすすめです。

猫は犬とは違って顔が小さいのと、柔軟な動きができるので、リードなどの首輪ではすり抜けてしまうことがあります。

そのため、ハーネスを利用して散歩をするようにしましょう。しかし、ハーネスなら絶対にすり抜けないというわけではないので、あまり過信しないようにすることが大切です。

何かあった時のためにキャリーバッグも持ち歩く

猫と散歩をする時は、何かあった時に猫が避難できるようにキャリーバッグを一緒に持ち歩くことがおすすめです。

散歩中に、犬に吠えられたり、車に恐怖を覚えたり、他の猫に会って興奮してしまったりした時には、一度キャリーバッグに入れることで落ち着かせることができるでしょう。

猫が散歩中になるべくストレスを感じないように心がけることが大切です。

猫のためのエチケット用品も準備する

猫と散歩をする時は、普段と違う環境に置かれるため外で粗相をしてしまうこともあるでしょう。そのため、猫のおしっこを流す水や、フンを取るためのゴミ袋なども一緒に持っておくと安心です。

もし、猫が外で粗相してしまった場合も、普段と違う環境に置かれたため緊張していることからかもしれないので、あまり怒らないようにしてあげることも大切でしょう。

予防接種を済ませておく

猫を散歩させると、他の猫から感染症をもらってしまったり、病気にかかってしまったりする可能性があります。

猫を散歩させる時には、猫にとって危険がたくさんあるので、猫と散歩に行く前にワクチンや予防接種を済ませておきましょう

猫の3種ワクチンや、猫白血病ウイルスのワクチンなどがあるので、動物病院で相談してみることがおすすめです。

去勢・避妊を済ませておく

外で猫を散歩させたときに、野良猫と接触をして妊娠してしまう可能性があります。また、オス猫の場合でも野良猫から感染症をもらってしまうことがあるでしょう。

そのため、猫を散歩させる時は、去勢や避妊もしておいた方が安心です。去勢や避妊をする際は、手術をすることになるので、猫を散歩させたいと思っている人は、去勢・避妊手術についても検討しましょう。

猫と散歩するときの注意点は?

猫と散歩をする時は、いつも室内で暮らしている時とはかなり環境が変わりますよね。そのため、猫も慣れないことがあるとパニックになってしまうことがあります。

では、猫と散歩をするときには、何か注意点はあるのでしょうか。そこで、ここでは猫と散歩をする時に注意する点についてご紹介します。

猫を散歩させる前に、まずはハーネスに慣れてもらい、いきなり外に連れ出さないことが大切です。

猫と散歩する時の注意点

猫と散歩をする時は、まず付けるハーネスに慣れてもらうことが大切です。そして、最初は近場でゆっくりと散歩をしたり、猫が疲れた様子ならすぐに帰宅したりしましょう。

散歩をするのは3ヶ月を超えてからにする


猫を散歩させる時は、生後3ヶ月を超えてからにしましょう。生後3ヶ月以内の猫の場合は、散歩に出さない方が良いです。

子猫の場合は、生後しばらくは親にぴったりと寄り添って生活をするので、同じように飼い主となるべく寄り添って過ごすことが大切でしょう。

また、幼いときに外に出して病気をもらってしまうと、重体になってしまう可能性もあります。

まずはハーネスに慣れてもらう

猫を散歩させる時は、まずはハーネスに慣れてもらうことが大切です。いきなり慣れていないハーネスをつけて外に出そうとすると、猫がストレスを感じてしまうことがあるでしょう。

例えば、食事の前にハーネスをつけて、つけた後にはおもちゃで遊んだりして、ハーネスに違和感を感じないようにさせることが重要です。

慣れたハーネスで外を散歩することで、猫も落ち着いて散歩をすることができます。

いきなり外に連れ出さない

猫を散歩させたいと思っても、いきなり外に連れ出すと猫がびっくりしてしまうことがあります。そのため、まずは窓を開けて外の空気にあたり、猫の様子を見てみるのが良いでしょう。

また、ベランダに連れ出してみて猫が嫌がっている素ぶりがなければ、抱っこしながら外を歩くところから始めてみると良いです。もし、猫が外の世界に怖がっていたり、怯えていたりする様子なら、すぐに室内に戻りましょう。

近場でゆっくりと散歩をする

猫を散歩させたい時は、いきなり遠くに連れ出さないことが大切です。猫は、縄張り範囲が狭いので、縄張りとなっている家から外に出ること自体がストレスとなることがあります。

そのため、最初のうちは遠くに行ったり長時間散歩したりせずに、家の周りなどの近場をゆっくりと散歩することがおすすめです。

また、人がたくさんいるような公園に連れていくと、ストレスになってしまうので注意しましょう。

猫が疲れたらすぐに帰宅する

猫を散歩させていて、猫が疲れた様子を見せたり、怯えているような様子を見せたりした時はすぐに帰るようにしましょう

疲れていたり、怯えていたりする状態で散歩を続けると、猫にストレスがかかってしまうことがあります。

せっかく猫のストレス解消のために散歩をしているのに、逆にストレスを溜めるようなことをしてしまっては本末転倒になってしまうでしょう。

散歩ルートは自動車や自転車が少ない場所を選ぶ

猫の散歩ルートは、自動車や自転車が少ない場所を選びましょう。また、他の動物が少ない道を選ぶことも大切です。

猫は何かあったときに反射的に動いてしまうことが多いので、思わぬ事故になってしまうことがあります。そのため、散歩ルートには静かな住宅街や公園がおすすめです。

街の繁華街や、自動車や自転車の多い道を歩くと、猫はストレスを溜めてしまうことがあるので注意しましょう。

散歩から帰ったら足拭きをする

猫の散歩から帰ってきたら、足の汚れを落としてあげましょう。部屋を汚さないようにするためと、猫の足についた雑菌を舐めないようにするためです。

タオルなどを濡らしてから優しく拭き取れば大丈夫でしょう。汚れがひどい場合はシャワーで洗い流すこともおすすめです。

また、洗った後は、濡らしたままにせず、しっかりと乾かしてあげましょう。

猫と散歩してみた人の体験談

猫と散歩をしてみようと思っている人は、実際に散歩をするとどんな感じなのかいまいち想像ができない人もいるでしょう。

そこで、猫と実際に散歩をしてみた人の体験談をご紹介します。例えば、まずはハーネスに慣れてもらうところから始めたり、初めての散歩は抱っこをしたまましたりすると良いでしょう。

猫の散歩をしたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

猫と散歩をした人のエピソード

猫と一緒に散歩をすると、普段室内飼いをしている猫の場合は外の世界に出ると戸惑うことがあります。そのため、急に外に連れ出したりせずにゆっくりと外に慣らすことが大切です。

まずはハーネスに慣れてもらった

猫を散歩させる時は、いろいろな準備が必要です。猫のエチケット用品や、キャリーバッグを用意して、これで完璧だと思っても、猫にとってはいきなり初めてのことをすることになります。

そのため、「いきなり散歩に行くのではなく、まずはハーネスに慣れてもらうところから始めました。」という実体験が聞かれます。

ハーネスをつけた瞬間に固まってしまい、動けなくなる猫も多いそうです。

初めての散歩は抱っこしたまま

「猫を散歩する時は、最初は抱っこしたまま散歩をさせてみました。」という声もあります。

外の世界を怖がっていないか様子を伺いながら、抱っこしながら外を歩くことがおすすめです。

猫が外の世界がトラウマになってしまうと大変なので、慣れてくるまでは抱っこしながら歩くのが良いでしょう。慣れてきたら、下に降ろしてみて、ちょっとずつ距離を伸ばして、草花にも触れさせてみると良いです。

外に出たがっていたので安全な場所で散歩をさせた

「猫が外に出たがっていたので、猫にとって安全な場所を探して散歩をさせました。」という方もいらっしゃいます。

外が好きな猫にとっては、散歩をして鳥の声を聞いたり、植物と触れ合ったりすることで良い気分転換になり、ストレス解消にもなるでしょう。

猫は外の刺激に敏感なので、犬や他の猫と喧嘩になったりしないように、車に興奮したりしないように配慮することが大切です。

猫の性質や状況に合わせて散歩をしてみよう♪

ここでは、猫を散歩させる必要、猫を散歩させるメリットとデメリット、猫を散歩させるために必要な準備、猫を散歩させる時の注意点、猫と散歩をした人のエピソードについてご紹介しました。

猫を飼っている人や、これから猫を飼いたいと思っている人は、猫を散歩させたいと思っている人も多いでしょう。

しかし、無理に猫を散歩させるとストレスになってしまうことがあるので、猫に合わせて散歩をさせることが大切です。

関連記事