猫について学ぶ

猫があくびをする意味は?あくびをする理由や気持ちを紹介

猫のあくびの意味を知っておこう!


この記事を要約すると
  • 猫はどうしてあくびをするのか
  • 眠たい時以外でも猫はあくびをする
  • 何か伝えたいことがある時にあくびをする
  • あくびの仕方によっては病気を疑う
  • 猫のあくびをうまく撮る方法

猫を飼っている方は、一度は猫があくびをしている瞬間を見たことがあるでしょう。人間は眠たい時にあくびが出ますが、猫は眠たい時以外でもあくびをすることがあります。

そこで、ここでは猫があくびをする理由、猫が眠たい時以外にもあくびをする時、あくびによって伝えたいこと、あくびの仕方によっては病気を疑う、猫のあくびをうまく写真に撮る方法についてご紹介します。

猫があくびをする意味

猫があくびをしている姿を見ると、「眠たいのかな?」と思うことがありますよね。しかし、猫は眠たい時以外でもあくびをすることがあります。

では、猫があくびをすることにはどのような意味があるのでしょうか。そこで、ここでは猫があくびをする意味についてご紹介します。

例えば、リラックスしている時にあくびをしたり、緊張している時にもあくびをすることがあります

猫はどのような時にあくびをするのか

猫があくびをする時は、何か嫌だと思うことがあるときや、遊びに飽きていることがあります。また、起きてこれから活動をしようと思った時にあくびが出ることもあるでしょう。

眠たい時は目を閉じながらあくびをする

猫は、眠たい時は目を閉じながらあくびをします。人間と同じように、猫も眠たくなるとあくびをするのです。

寝ようとしているのになかなか寝付けない場合や、飼い主が夜更かしをしていてそれに付き合っている場合など、眠たいけれど頑張って起きている時にあくびが出ます。

逆に、目を開けながらあくびをしている時は猫がストレスを感じている可能性があるでしょう。

起こさないでほしい時は寝ながらあくびをする

猫が眠っている時は、思わず撫でたくなりますよね。その時に猫があくびをしたら、それは起こさないでほしいという気持ちかもしれません。

眠たさから、まどろみの中であくびをしているわけではなく、少し怒っている気持ちからあくびをしています。

そのため、猫が寝ている時はむやみに触るとストレスになってしまうかもしれません。猫が寝ている時は、むやみに触らずにそっとしておいてあげましょう。

リラックスしている時にあくびをする

猫はリラックスしている時にあくびをすることがあります。眠れるような環境にいて、安心していい気持ちでいるという証拠でしょう。

また、猫を撫でた時にあくびをした時も、撫でられて気持ちいいなど、気分が良くなっていると考えられます。

そして、リラックスしている時にあくびをした時は、一緒に鳴き声も出すことがあります。

緊張している時にあくびをする

猫がリラックスしている状態とは反対に、緊張している状態の時にもあくびをすることがあります。猫が初めてくる場所に連れてこられたときや、病院に来た時に緊張して、あくびが出ることがあるでしょう。

猫は、緊張している時に顔の筋肉を大きく動かすことによって緊張を和らげようとしているのです。

もし、猫を知らない場所に連れて行った時にあくびをしているようなら、緊張している可能性があるので注意して見てみましょう。

何か嫌だと思っている時にあくびをする

猫が何か嫌だと思っていたり、不満がある時にあくびをすることがあります。例えば、猫が触れられたくない時に触ってしまった時や、放っておいてほしい時に構ってしまうと、あくびをすることがあるでしょう。

また、遊んでほしい時やご飯がほしい時にもあくびをすることがあります。もし、猫があくびをしている時は、何か不満を感じていないか、猫がしてほしいことはないか考えてみると良いでしょう。

遊びに飽きた時にあくびをする

猫が楽しそうに遊んでいる時に、急にあくびをすることがあります。遊んでいて眠たくなってしまったのかな、と思ってしまいがちですが、遊びに飽きた可能性もあるでしょう。

遊びに飽きてきたので、何か他のことをしたいという気持ちに現れかもしれません。また、猫じゃらしで遊んでいた時は、なかなか猫じゃらしを捕まえることができなくてイライラしてしまい、あくびをしている可能性もあるでしょう。

これから活動しようとする時にあくびをする

猫が眠っていて、目を覚ました時にあくびをすることがあります。これは、まだ眠たいという気持ちよりも、「これから活動をするぞ」と、やる気を出している可能性があるでしょう。

猫はあくびをすることによって顔や口の筋肉を動かして、伸びをして活動をする準備をしているのです。

また、ネズミを捕らえようとする時にも、ネズミの様子を伺ってあくびをすることがあります。

敵意はないことをアピールしたくてあくびをする

猫と目が合った時に、猫があくびをしたことがある人もいるのではないでしょうか。猫にとって、相手と目と目を合わせることで、相手と喧嘩をする、敵だと思っているという意味があります。

そのため、信頼している飼い主と目が合った時は、相手に敵意がないことをアピールするためあくびをするのです。

猫と目が合った時に、猫があくびをした時は猫は自分のことを信頼して敵だと思っていないと考えてよいでしょう。

猫は眠くないときでもあくびをするって本当?

猫は眠くないときでもあくびをすることがあります。では、具体的にはどのような時にあくびをするのでしょうか。

そこで、ここでは猫が眠たくない時にあくびをする時の気持ちについてご紹介します。

猫は、飼い主に叱られてストレスを感じている時や、失敗して気持ちを切り替えたい時にあくびをすることがあります。また、落ち着きたいという気持ちの時や、構ってもらえない不満がある時にもあくびをすることがあるでしょう。

猫が眠たくない時にあくびをする時の気持ち
猫は、ストレスを感じている時や不満を感じている時にあくびをすることがあるでしょう。他にも、緊張や不安を落ち着けたいという気持ちからあくびが出ることがあります。

叱られてストレスを感じている時にあくびをする

飼い主が猫を叱っている時にあくびをすることがあります。飼い主が一生懸命に叱っているのにあくびをされると、ちゃんと聞いているのか不安になるでしょう。

しかし、猫は飼い主に叱られていることがわかっていて、ストレスを感じているためあくびをしている可能性があります。

また、飼い主に落ちついてほしいと思っている時にあくびをすることがあるので、猫を叱る時はほどほどにしないとストレスがかかってしまうので注意しましょう。

失敗して気持ちを切り替えたい時にあくびをする

例えば、猫が高いことろに登ろうとして失敗したり、走っている時に滑って転んだりしたときに、気持ちを切り替えたいという心理からあくびをすることがあります。

転位行動と呼ばれる行動で、何かに失敗してしまった時に、まったく関係の無い行動をすることで気持ちを切り替えようとしているのです。

猫が高いところから落ちたり、転んだりした時にあくびをした時は、気持ちを切り替えようと思っているのかもしれません。

ご飯を食べる前など動き出す前にあくびをする

猫はご飯を食べる前にあくびをすることがあります。これは、眠たさや面倒臭さからあくびをしているのではなく、これから何か新しいことをしようとする時にもあくびをすることがあるのです。

これは、ある意味やる気を出している証拠で、「これから真剣にご飯を食べるぞ」と意気込んでいるような感じでしょう。

ご飯を出した時にあくびをしたからといって、ご飯を片付けて寝かせようとせずに、猫を見守ってあげると良いです。

落ち着きたい時にあくびをする

猫が楽しそうに遊んでいる時に、急に立ち止まってあくびをすることがあります。これも、遊んで眠たくなったわけではなく、遊んでいて興奮しすぎてしまったので、ちょっと落ち着こうとしてあくびをすることがあるのです。

いわば、クールダウンをしようとしてあくびをしていると言えるでしょう。猫は自分がちょっと興奮しすぎたかな、と理解できるのです。

目を覚まそうとしてあくびをする

猫が寝起きにあくびをするのは、これから目を覚まして活動しようとしている証拠です。寝ている間は、脳の酸素量が少なくなります。

そのため、起きた時に脳に酸素を送るため、あくびをしてたくさん酸素を取り入れようとするのです。朝起きた時や、昼寝をした後にあくびをしている時は、これから活動を開始する合図となります。

構ってもらえない不満からあくびをする

猫が飼い主に近寄って構ってほしいとアピールしても、飼い主が忙しかったり、手が離せなかったりして構えなかった時に、猫が飼い主から離れながらあくびをすることがあります。

これが、猫が飼い主に構ってもらえない不満から出るあくびです。猫が飼い主に甘えたい時に、飼い主に無視されてしまった時にも、あくびをすることがあるでしょう。

イライラしている時にあくびをする

猫は、何か嫌なことがあった時や、ストレスを感じてイライラしている時にもあくびをすることがあります。

猫に何かトラブルがあったり、猫にとって不満な環境にいる時に、イライラしてしまいあくびをするのです。

イライラからあくびをしている時は、相当なストレスが猫にかかっている証拠なので、猫のことを注意深く観察してみましょう。

緊張や不安を落ち着けたいからあくびをする

猫は、緊張したり不安な気持ちになった時に、その気持ちを落ち着けたいという心理からあくびをすることがあります。猫は自然界では捕食者なので、恐怖を感じている時は相手に悟られないように必死に隠そうとします。そのため、不安や恐怖という気持ちをリラックスさせるためにあくびをするのです。

あくびをしているからといって眠たいというわけでは無いので、猫の様子を詳しく観察することが大切です。

猫は人になにかを伝えるためにもあくびをする?

猫があくびをするときは、人に何か伝えたいことがある場合があります。猫があくびをした時に、猫の気持ちがわかるようになれば便利ですよね。

そこで、ここでは猫があくびをした時に伝えたいことについてご紹介します。猫があくびをしている時は、叱られて反省していることを伝えたい場合や、落ち着かない気持ちでいることを伝えたい場合があります。

猫があくびをしている時に伝えたいこと
猫があくびをしている時は、飼い主に叱られていることがわかり、反省していることを伝えたい場合があります。また、リラックスすることができず落ち着かない状態であることを伝えたい場合もあるでしょう。

叱られて反省していることを伝えたい

猫が家具をかじってしまったり、いたずらをしたりして叱っている時にあくびをすることがあります。これは、猫は自分が怒られていることがわかっていて、反省していることを伝えたい時にあくびをしているのです。

猫を飼っていると、猫に叱りたくなることがあるでしょう。しかし、猫にとって叱られている時はストレスがかかっている状態です。

そのため、猫にあくびをされてもさらに怒ったりするのはやめましょう。

リラックスできずに落ち着かないことを伝えたい

猫をあまり慣れていない車に乗せたり、慣れていない場所に連れて行った時にあくびをすることがあります。

これは、自分が知らない場所に連れて行かれて緊張しているため、リラックスできずに落ち着かないことを伝えたい可能性があるでしょう。

猫はあくびをしてなんとか気持ちを落ち着かせようとしていて、かなりのストレスがかかっていると言えるでしょう。

邪魔しないでほしいことを伝えたい

猫が寝ている時に、思わず触りたくなってしまうことがあるでしょう。猫が寝ている時に撫でて、目を覚ましてあくびをすることがあります。

これは、せっかく気持ちよく寝ていたのに起こされたので、邪魔をしないでほしいことを伝えたいという気持ちの場合があります。

猫が寝ている時は、触りたくなりますが、なるべく触らないようにすると良いです。

不満を感じていることを伝えたい

猫が遊んでほしい時に遊んでもらえなかったり、ご飯やおやつをもらえなかった時に、飼い主の前であくびをすることがあります。

これは、猫が不満を感じていることをアピールするために、わざわざ目の前であくびをするのです。猫にとっては、「こんなに不満を感じているんだ」と抗議をしているのでしょう。

また、つまらないときにも、何か楽しいことをしたいという気持ちからあくびをすることがあります。

うちの子なんか変…猫のあくびの仕方が心配な場合は?

猫があくびをする姿は可愛らしく癒されますよね。しかし、あくびの数が多かったり、あくびが臭ったりする場合は心配になるでしょう。

では、あくびの回数が多い場合や、あくびが臭う場合は何か病気の可能性はあるのでしょうか。

そこで、ここでは猫のあくびの仕方が心配な場合に病気の可能性があるのかについてご紹介します。猫のあくびの仕方が気になる人は、ぜひ参考にしてみてください。

猫のあくびからわかる猫の病気
猫のあくびが臭い場合は病気の可能性があるので病院で診てもらった方が安心でしょう。またあくびの回数が多くても心配はありませんが、急に増えた場合は獣医さんに相談をしてみると良いです。

あくびが臭い場合は病気を疑う

猫のあくびが臭い場合は、歯周病や口内炎、口腔ガンの恐れがあります。そのため、あくびをした時に口の中をチェックしてみたり、病院で診てもらったりした方が安心です。

また、あくびが臭うと感じた場合は、他にも苦しそうにしていないか、嘔吐はしていないかなど、猫の体調を気をつけて観察してみましょう。

様子を見ながら、一度動物病院に連れて行って診てもらうことで、病気があれば早めに見つけることができます。

あくびが多くても病気の心配はあまりない

猫はもともとたくさんあくびをする生き物です。しかし、あまりにも頻繁にあくびをしていると、何かの病気なのでは無いかと心配になることもあるでしょう。

しかし、猫のあくびと直接関連する病気は特に無いので、必要以上に不安になる必要はありません。

ただ、あまりにもあくびの回数が多い場合は、猫に慢性的なストレスがかかっている可能性があるので、普段の生活を見直してみましょう。

急にあくびが増えた場合は相談をする

猫がたくさんあくびをしていても、特に心配をする必要はありません。しかし、急にあくびの回数が増えた場合は、獣医さんに一度相談をしてみた方が良いでしょう。

猫は本来、あくびを多くする動物ですが、あくびの回数やシチュエーションによっては、猫にストレスや不満がかかっている恐れがあります。

普段から注意深く見ておくことで、あくびが増えたり、何か変化があった時にすぐに気づけるでしょう。

かわいい猫あくびを激写したい!写真を撮るコツは?

猫があくびをしている姿を見ると、写真に収めたいと思うことがあるでしょう。しかし、猫があくびをする瞬間の写真を撮るタイミングは難しいですよね。

では、猫のあくびをする姿をうまく写真に撮る方法はあるのでしょうか。そこで、ここでは猫のあくびを激写するコツについてご紹介します。

猫があくびをする前兆が見られたら、カメラを固定して肉眼で見るようにしたり、連写をすることでうまく撮れる可能性が高くなるでしょう。

猫のあくびを激写する方法
猫のあくびの写真を撮るには、猫がカメラに恐怖心を抱かせないようにすることが大切です。また、連写をすることであくびの前後も撮ることができるのでおすすめです。

カメラを固定したら肉眼で猫を見ながら撮る

猫のあくびの瞬間を写真で撮るには、猫にあくびの前兆が見られたら、カメラを構えて口が開いた時にシャッターを切りましょう。

しかし、カメラのシャッターを押す時には、どうしてもタイムラグが生じます。そのため、画面を見ながらシャッターを押すと、あくびに間に合わないことがあります。

そこで、カメラを固定して、猫を肉眼で見ながらシャッターを押すことでうまく撮れる確率が上がります

連写をすればあくびの前後の面白い顔も撮れる

猫があくびをしそうになり、シャッターを押しても、目で確認してから指が動くまでのタイムラグもあります。

これは個人差があるので速い人や遅い人がいるので、自分のタイミングを知ることが大切です。また、猫があくびをしそうになった時に、連写をすることがおすすめです。

連写をすることで、猫があくびをする前やあくびをした後の面白い顔も写真に収めることができるでしょう。

おもちゃで遊ばせてカメラに恐怖心を抱かないようにする

猫は、慣れないカメラを向けられると恐怖心を抱いたり、緊張してしまったりしてあくびが出ないことがあります。

恐怖を感じるカメラを向けられるとベストショットを狙うことは難しいので、猫とおもちゃで遊びながらカメラを向けて、猫がカメラに安心できるようにすることが大切です。

また、飼い主が猫の写真を撮ることを楽しんでいる姿を見せることで、猫にも楽しい気持ちが伝わるでしょう。

たまには猫のあくびを注意して見てみよう!

ここでは、猫があくびをする理由、猫が眠たい時以外にもあくびをする時、あくびによって伝えたいこと、あくびの仕方によっては病気を疑う、猫のあくびをうまく写真に撮る方法についてご紹介しました。

猫があくびをする姿を見ると、のどかな気分になって癒されますよね。また、猫のあくびをするタイミングに注目すると、猫の気持ちがわかることがあるでしょう。

関連記事